その他の難処理廃棄物

refractory waste

より高度な処理技術開発を求めて

クレハ環境の技術開発部門は、常に最先端を目指した環境保全技術の開発に取り組んでいます。
蓄積してきた高度な処理技術開発をさらに深め、お客様の求めるニーズに応えるべく産業廃棄物や特別管理産業廃棄物の適正処理の要求にも迅速・的確にお応え出来ます。

難処理物の一例
  • POPs
  • 塩素、フッ素、臭素などのハロゲン化合物
  • ダイオキシン類
  • 化学品や医薬品製造時の反応中間体
  • 硫酸ピッチ
  • その他物性的に不安定な物
▲ page TOP