サーマルリサイクル

thermal recycle
焼却工程から発生する温水をフロン類に利用しています。
フロー図
▲ page TOP

太陽光発電

photovoltaic power generation

本社事務所屋上に太陽光パネルを設置し、発電を行っています。


モニターを設置し、
発電状況を確認できます。
▲ page TOP

タービン発電

turbine generation

ウェステックかながわ

焼却炉の廃熱を利用して発生させた蒸気でタービンを回転させて、発電します。

タービン発電
熱回収施設設置者認定

2012年2月7日付で、改正廃掃法において定められた熱回収施設設置者認定を取得しました。
熱回収施設設置者認定制度は、廃棄物焼却時の熱回収をより一層促進することを目的として作られ、 熱回収率が10%以上と認められた廃棄物処理施設が認定を受けられます。

川崎市で初めて認定取得

川崎市では最初の認定取得で、全国的に見ても早期の取得となりました。 焼却炉3炉中2炉運転時でほぼ全ての電力を補うことができ、余剰電力は売電しています。

▲ page TOP